Category Archives: スマートフォン

PC関連 スマートフォン たわごと

0SIM解約

訳あって、妻の契約していた0SIMを5月末で解約した。

Webにログインして解約をポチるだけの簡単なお仕事だったのですが、解約受理のメールが来ない。ステータスを見ると解約受け付けられているし、6月に入って通信もできなくなっているので確かに解約されているんでいいけど。

解約って業者、消費者双方にとって結構重要なイベントだと思うんだけど、確認メール無しはちょっと意外。迷惑メールフォルダも探したけど届いてなかったわ。

ちな、0SIMの遅さは異常というくらいで、さすがにビジネスモデルに無理があったのだろうね。1年半の契約期間で、初回の書籍代を除いて一円も払わなかったよ。

ネット検索してみると、0SIMは、解約後にSIMを返却しないと3000円取られる と出てくる。実際に払ったという情報は見つけられなかったし、逆に違約金を取らないという言質をサポートから取ったようなページもあった。しかし、トラブルになっても面倒だし、約束事でもあるので、また ’郵便書簡’ で送り返すことにする。

IMG_20170604_105425

PC関連 スマートフォン たわごと

iPhone5のバッテリー交換

契約切れのiphone5のバッテリー劣化がひどい。バッテリー残量が乱高下して、50%以上残っていても急激に10%になったり、すぐに戻ったり。。Web等で見かける、バッテリーリフレッシュ作業なども試してみたが解決しない。半日くらいしか使えないのでバッテリーの寿命であろうと判断し、交換することにした。

Apple Storeに依頼すると高いので、自分で交換した。電池代はたったの500円で、工具付き送料込み。この値段で、小さい星形のネジ回しがついていたのはありがたい。中国深センの業者から購入したのに、品物は北欧から届いたのが面白い。なんでもリチウム電池の航空輸送に関する規制の関係らしい。 iPhone本体内にはバッテリー充電回数とかが記録されているのに、ユーザーは参照できない。ウワサではこの手の端末使用情報はオンラインで Apple に筒抜けだそうだ。 Apple Storeで交換するとバッテリー情報はリセットされるらしいけど、自分で交換する場合は変更できない。まぁ、どうせ参照できない情報なので気にしないさ。

純正バッテリーが黒なのに対し、購入した互換バッテリーは金色でゴージャスだ。なんと容量も純正品1440mA/hに対し、これは2680mA/hと倍近い! テクノロジーの進化だねぇー。ラベル印刷の数値をねつ造するだけの簡単なお仕事ですけどね。

交換して1か月ほどで、いまのところバッテリーは絶好調。交換作業はとても簡単で、Webにあふれる情報を見て丁寧に作業すれば、失敗することはないだろう。 このiPhone5は契約切れなので、主に音楽用にサブ機として使っている。iPhoneはイヤホンでボリューム調整できるところがいい。あとは「下駄」を入れて格安SIMを試したり。

GOLD BATTERY
GOLD BATTERY

 

PC関連 スマートフォン たわごと

またSIMの話してる

PS-VITA用に mineo SIM を入手して使っている。6か月実質無料というやつだ。しかし、さらに強力な SIM が現れた。デジモノステーションという雑誌に付録の so-net SIM は、毎月500MBまで無料で、500MB超でも100MB/100円で上限1600円なのだ。しかも開通手数料は不要 (雑誌代620円は必要だが)。これはまさにVITAにうってつけ。mineo は6か月で解約予定なので、このso-net SIM があればそれ以後も使えるわけさ。3か月連続で通信がないと自動解約らしいので、その点は注意だ。

問題はすでに売り切れ状態であること。出遅れた私が、ついさっき地元の書店で見つけられたのはラッキーだったのだろう。オクで買う手もあるが、そこまでして必要なわけでもないしなー。

デジモノ2月号

PC関連 スマートフォン たわごと

SIMカード返却

OCNモバイルONEを解約した。規約上、SIMカードは返却しなければならないことになっている。返却しなくてもペナルティーはないらしいし、返却したところで廃棄されるだけなのだから釈然としない。送料かかるんだぜ。

とはいっても、一応は決まり事なので返送する。普通に定形郵便を使うと82円の送料だが、悔しいから62円の郵便書簡(ミニレター)で送ってやった。組み立て式の封書で、封書の内側に手紙文を書くことができるというもの。総重量が25g以下なら同封物もOKだ。これはコンビニでは扱っていないので郵便局に出向いて「ミニレターください」を言わなければならない。ヒキニートとしてはハードルの高い作業だw。SIMカードは何らかの台紙に貼り付けて封書送れとなっていたから写真のようになった。

62円で手紙が送れる
62円で手紙が送れる

そんでもって、mineoを契約した。IIJmioがメインなので6か月後に解約するのは確定しているのです。

スマートフォン たわごと

小は大を兼ねる

新たにMVNOのSIMを購入した。iPhoneの電番をMNPする事業者をどこにするか迷っていたのだが、最終的にIIJmioのファミリーシェアにした。mineoの6か月無料キャンペーンを尻目にあえてIIJを選んだ理由は、 10GのファミリーシェアコースだとSIM3枚を発行できるからだ。今現在はOCNも使っていて、これは今月末に解約するのだが、すでにIIJのSIMが届いたので今月はOCNとIIJが重複することになる。そこで、ずっとSIMを挿していなかったVITAちゃんに久々に3G電波を受信してもらうことにした。ところで、IIJのSIMは3枚ともnanoSIMサイズにしている。SIMの場合はアダプタを使うことで小は大を兼ねることができるためだ。そしてVITAは標準サイズのSIMなのでアダプタが必要だ。買っても安いものだけど、SIMカードを取り出した枠の部分をカッターで切り取って自作すれば只である。位置ずれにさえ気をつければ難しいものではない。

まぁ簡単です
まぁ簡単です

 

nexus5 PC関連 スマートフォン たわごと

修理完了

液晶アセンブリが届いたので、あとは組み立てるだけ。難しい作業はないんだけれど、フレームと液晶ガラスをくっつけるための極薄の両面テープを持っていないので困った。キットについてると思ったのになー。普通の両面テープだと厚すぎてガラスが浮いてしまいそうなので、ここは「木工ボンド」を少しだけ水に溶いて接着した。フレームにちょこっとだけボンドをつけて、あとはクランプで抑え込む。乾燥に時間がかかるので、数時間このまま放置。そのあと、ほかの臓物を組み込んでバックパネルをパッチンと閉めたら出来上がり。

両面テープの代わりには木工ボンド
両面テープの代わりには木工ボンド
ガラスが浮かないようにクランプして放置
ガラスが浮かないようにクランプして放置

心配だった液晶表示の性能やタッチの感触などは全く問題ない。想像よりはるかに高品質。正直純正品と変わらないんじゃないだろうか。

クラッシュさせたときは落胆したものだが、5000円でここまで直ったのだから満足だ。

液晶のクオリティは高い
液晶のクオリティは高い

以上、クラッシュしたNEXUS5のガラス交換に失敗し、液晶アセンブリを購入して自分で修理したお話でした。

なお、余談ではありますが自分自身でこのような修理作業をしたあとに電波を発信すると電波法違反になる可能性があります。したがいまして、修理したこの機体は常に機内モードに設定し、メモリーに保存した音楽や動画などを楽しむメディアプレーヤーとして余生を過ごすしかありませんww。

だから代替機としてnexus6を購入済み。

nexus5 PC関連 スマートフォン

案の定

まぁ、大方の予想通りです。

液晶が
液晶が

ガラスを交換するってことは、ガラスを除去しないといけないんです。でも液晶部分とガラスはUV接着剤でしっかりくっついてたんですね。だからガラスを除去するには、接着を剥がしつつ、液晶にダメージを与えないように細心の作業が必要なわけです。せっかちな私が作業したら失敗するのは目に見えていたんですね。赤丸部分、ガラスを剥がしたときに一緒に液晶部分も持っていかれました。。

ebay荷物

仕方ないので、今度は液晶アッセンブリを注文しました。amazon.co.jpだと1万円くらいするのでeBayで探して注文。およそ$40送料込みなので5000円程度ですね。尼の半額程度です。ただし到着までに2週間~3週間かかる。でも5000円で自分で修理できるなら御の字。この手のパーツが安価で流通するってことは、nexus5はやっぱりメジャー機種といえるでしょう。ただ中華の互換パーツなのでクオリティが気にはなるが、それはお楽しみ。街中で見かける非公認iPhone修理屋さんもこの手のパーツを使っているのだろうから、動作は問題ないと期待するのです。

さらにつづく

nexus5 スマートフォン たわごと

ネクサス5(nexus5)クラッシュ!

酔っぱらってnexus5を落っことした。ガラスが粉々に割れた。

Nexus5 クラッシュ
Nexus5 クラッシュ

手帳型のケースに入れて保護していたのだが、手帳が開いた状態で角から落下したためご覧の有様。この機体は某オクで手に入れてmvnoのSIMで運用しているもの。Y!モバイルのユーザーでもないし、大金をかけて修理するわけにはいかない。ググると正規の修理は2.5万円ほどだそうだが、ならばもう一度オクで買ったほうがましだろう。

だからといって買いなおすのもばかばかしい。

酔っぱらいながらamazonを見ると、修理用のガラスが900円で売っているではないか。しかも工具付き。これで直れば格安だ。なにしろ保護フィルムより安いぐらいだ。

ぽちっとな。酔っぱらったまま注文してしまった。

補修セット
補修セット

さらに酔っぱらいながらググると、ガラスを買って修理するのは極めて困難だということが分かった。ガラスと液晶が接着剤でこびりついていて、これをきれいにはがすのがまず無理だというのだ。一方で、ドライヤーで温めながら少しずつ丁寧にはぎとっていけば何とかなるという情報も得た。

もうガラスを買っちまったんだからやるしかない。

はがした後に新しいガラスを接着するので、UV硬化の透明な接着剤とUVランプを手に入れなければならない。おあつらえ向きに、100均でUVレジンを売っているので使えそうだ。ソフトとハードがあるので両方買ってみた。UVランプはLED型の小型タイプとブラックライトが手持ちにあるのでこれで硬化するか試してみたが、しっかり固まる。ガラスや液晶の歪みを考えると、ソフトタイプのほうがよさそう。これで準備はOKだぜぃ。

 

つづく